名称未設定(仮)


気がつけば

随分と振り幅が大きい内容が続いた。

千歳船橋で出会った照明の彼は、
大変な気配りの人で、きっかけの把握が確実なだけでなく、
結果的に舞台からの合図は彼のお陰で伝わり、
最終的に平台まで運んでくれた。

やりずらいトップにも関わらず、
小屋の空気を奇麗に変えて次に繋いだ唄は、
やはり聴いていて心地よく、底からの力を感じて、
少し窮屈そうな感じが出てきて、とても楽しみになった。

青山では、見た事もなく大きくて繊細な連弾を聴き、
ホテル荻窪に思いを馳せ、さげまんのタンゴに痺れ、
社長の人の巻き込み方や、
スタッフ配置の妙に感心した。

乃木坂ではヤンゴトナキ身分の方が居る現場で、
立ち居振る舞いの習わしだけでも覚えるの大変だろうなと思いつつ、
雅楽のダイナミックレンジにたまげ、舞を袖から見て初めて、
身体の端々まで込められている力感を知って鳥肌が立つ思いだった。

9月に公演をする鎌倉のお寺で、
何だか人が大勢居るのに静かな境内を見渡した後、
一通だらけの街に移動して、ワヤワヤしたのを見ると、
堀の畔が随分と人工的に見えて、それも落ち着くなと思ったりした。

ガイジンさんがやたらと言う日本の話。
なるほどこんな感じなのかもなと思い、
もっと幅を大きくしたいなぁとも、
少しずつ思い初めている。

e0121654_22231684.jpg

e0121654_22233787.jpg

e0121654_2224318.jpg

e0121654_22245781.jpg

e0121654_22251410.jpg

e0121654_22253487.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-07-08 22:37


集まる

日というのがある気がする。

元来、何とかヒルズだの何たらプレイスだの、
こジャレてはいるが、金太郎飴みたいな街に行くよりも、
ゴールデン街やら想い出横丁やらハモニカ横丁やら、
別に横丁でなくても良いんだけど、
ぐしゃりとした街をふらつく方が楽しくて好きだ。

少し前になってしまったけれど、
マスタさんと新宿で呑んだ。
だいたい待ち合わせた場所には、昭和の置き土産みたいな仕掛けがあり、
そこから少し歩いたあの横丁に向かったら、どこも混雑。
やっと入って少し食べた店では何だかチャーシューが圧倒的な高級品で、
マスタさんには文化的な衝撃だったかもしれないけれど、
存分に街の匂いをかいだ。

別な機会にオパールちゃんちいと呑んで、
宮崎地鶏を食った後は、閉じてしまったコマ劇横を抜け、
案の定、ゴールデン街に向かってしまった。

ソワレに入ると、ニーナさんやら純ちゃんやら、
示し合わせた訳でもないのに集まっていて、
あらあらと言ってまた呑んで、牧ちゃんに大声で話しかけて、
ニーナさんのウクレレを聴く。

何を話したかは覚えていないけれど、
恐らく何かを話していて、
そういえば髪を伸ばしたらアニメっぽくなったと言われて、
大変にお上品なお話もして、
とても楽しかった。

そして、誠にしまりのない話ではあるけれど、
たまに楽しい夜は必要だなぁと思う。

e0121654_2471773.jpg

e0121654_2473676.jpg

e0121654_248754.jpg

e0121654_249131.jpg

e0121654_2492129.jpg

e0121654_2493923.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-07-08 02:50


梅雨

の降り方ってこんなだっけかなぁと、
思わず考えてしまう、なかなかべらぼうな雨が続いている。

昔アジアを旅した頃にスコールにたまげたけれど、
それを思い出す降りっぷりで、
なんと言うか少し抜き差しならない変化を感じる。

栃木で「雷怖い」というのは、
きゃあこわい(はあと)とかいうノリでなく、
身の危険命の危険を感じての事なのだと、
つい先日聞いてそれにも唸った。

やや忙しくなくもなくなって来たので、
久々にブログを再開してしまいました。
この夏はどうなるのだろう。


さて、蒸し暑い季節に出かけようとする時、
ほんの少し楽しみがある。

猫の位置と向きなのだけれど、
文字でそう書いても訳が分からない。

寒い季節には人間や母猫と座椅子を取り合い、
最終的に丸くなっていたムスコは、
この季節、連日涼しい場所を探して長くなっている。

人が通ろうが声をかけようがお構いなしなので、
写真に収めてみた。

夏に向けてのやる気はそがれるかも知れない。
明日への活力を求める人にもお勧めはしない。

e0121654_141213.jpg

e0121654_1413382.jpg

e0121654_1414817.jpg

e0121654_142177.jpg

e0121654_142166.jpg

e0121654_1422857.jpg

e0121654_143321.jpg

e0121654_143174.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-07-08 00:34


むしろ

蒸し蒸しというより、
無視無視な目にばかりあっている昨今ではあるけれど、
とにかく都内は、
梅雨入りした途端に気温も湿度もやたらに高い。

出たり入ったりだった今日は、さすがに汗ばんだけれど、連日のハンバーグ祭りが効いて何だか良い感じだ。

こっちも踏張ってるから、そっちも頑張れと思う。

これからまた出かける。
まだ風がぬるい

今日の夕方も空が綺麗だった。

e0121654_0314679.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-17 00:31


夜中に

大きな声を出してはいけません。
と、子供の頃に習った覚えがあるけれど、
昨夜は街中が教えに背いていて面白かった。


まだ代沢に居た頃だからずいぶん前だけれど、
獅子座流星群というのをマンションの屋上で見た事がある。

寒い季節で、誰もいないだろうと思ったら、
マンション住人が大勢居て、他の建物を見ても、
皆寒そうにしながら空を見ていた。

大きめの流星が見えると、皆同時に歓声を上げて、
それが意外と大きく、街中のあちこちから聞こえた。

話した事もなかった隣人や、隣のマンションの住人と、
一緒に拍手をしてあはははと笑った。

寒い中頑張って見たのに、流星自体よりもその雰囲気の方が、
なんだか強く印象に残っている。

翌日以降は、今迄通りのお付き合いに戻って、
それも何だか心地よかった。

昨夜のサッカー、ゴールが決まっても、
ニッポンピーンチとなっても、まあ歓声が響く響く。
そりゃツイッターもサーバがおかしくなるはずだ。

と考えながらテレビを見ていて、
獅子座流星群を思い出していた。

が、うちを含めてまだ博士チデ鹿ですじゃない家と、
いち早く地デジ化した家、ほんの少しタイムラグがあって、
それもホントに面白かった。

そうなってくると、カウントダウンで明けましてー、
等々とやっている番組もそんな感じなのだろうなぁ。

ちなみに以前、中継ありのカウントダウン番組現場では、
ライブ会場の数万人だけが、数秒早く年越しをやった。
これも中継のタイムラグ分であった。

今週は明日からもう少し忙しくなる。
発送やら、番組やら、20日の現場やら、21日の現場やら、
リリースやら、そして気づかぬフリをしていたけれど、
毎度おなじみの締切も、実は静かに迫っているので、
これはひとつ踏ん張ろうと思う。

千歳船橋も、表参道も、新宿も、
山盛り伝えたい話がある。

マスタさんと行った変梃ツアーや、
オパールやジーツーと行ったやはり変梃ツアーや、
ちゃぎおん話もお伝えせねばならない。

忙しくなるので、恐らく更新頻度が上がると思われ、
チョコチョコ失礼致しますが、
何卒よろしくお願い致したいと思っている。

新宿で見かけた古典的な仕掛けが、
何だか心にひっかかる。

そして褒めが足りないと指摘されている昨今の僕は、
この記事の記者から、ホメ魂を見習おうと思う。

歌詞頑張れ。

今日はこれからお届けものに出かける。
髪が切りたい。

まとまらないなぁ。

e0121654_2230557.jpg

e0121654_22312346.jpg

e0121654_22313833.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-15 22:31


ずどん

ブログをあきらめて、
こんな僕でも23時には帰宅せねばならず。

空きすぎたなぁと反省しつつも、
若林駅に向かう訳である。

そして、今夜からハンバーグ祭り開催なので、
今夜はまずパスタに乗っけてどんぶりで食べながら、
急いで蹴球を見ねばならないので、
短めな文面な訳である。

ルンルンて最近聞かないなぁと思う。

e0121654_21573996.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-14 21:57


ほぼ

復旧というか、
一昨日に近い作業が出来るまで、
何とか治療した我が愛機G4と、
何だかくたびれるまで一緒にいた。

今日は少し早く帰ろうと思い、
どれツイッターでもと思ったら、
サーバがビジー状態になっていた。

表示がかわいい。

で、脈絡なく月曜の話であるけれど、
いや詳しくはまた改めて書くけれど、
宮崎地鶏の店に連れて行ってもらった。

本当に旨いし、タイム感の微妙なズレは感じつつも、
大変陽気な店だったけれど、店内のそこかしこに、
宮崎の口蹄疫について応援メッセージをお願いしますと、
書いたノートがあった。

本当に大変な事になっているらしいし、
はとだのかんだの言ってバタつく間に、
報道も今や全く永田町だけれど、
一層後手に回らないと良いなぁと切に思い、
忘れそうだったなぁとも思った。

状況は違うけれど、福井の三国にタンカーが油をぶちまけた事故。
岩場の油除去作業に行った時、仕事にならない状態の、
漁業で生きてる爺さん婆さんが、ありがとうと云って
お茶と饅頭を出してくれた。

二人の言葉を思い出す。

婆さんは
「福井産が売られなくなったなぁと、気がつけば良いですね」
爺さんは
「東京に帰った後、福井産と書かれていても怖がらずに食べて下さい」

噛み合ない様で脈絡を保った言葉だった。

少し前に同じ事をツイッターでも書いたけれど、
僕の筆力に140字は少なすぎた。

とにかく僕は「宮崎産」の風評加害者にならぬ様、
モリモリと食いたいと思う。

真面目に書きすぎた。

ちなみに宮崎地鶏の店からは、
とんでもない筆圧の筆ペンの宛名書きで、
店内で撮ってくれた写真が届いた。

全員が見事に明後日の方を見ていて、
センターの彼に至っては居眠りしていた。

また行って、ちゃんと撮ってもらおうと思っている。


e0121654_0185289.jpg

e0121654_019615.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-10 00:19


Mac

がなんとか復旧。
ようやっと一息。

土曜からこっち、
書きたい事が山盛りあったのだけれど、
詳しくはまた改めてとして、
日曜日も月曜日も、
沢山いろんな方に沢山お世話になりました。
ありがとうございました。

それに、昨日夕方からいろいろとご助言、
励ましを頂いた事にも、心から感謝致します。
ありがとうございました。

さすがにそろそろ怖いので、
次のマシンを真剣に考えなきゃなと思いながら、

とにかく一度帰宅。
[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-09 04:49


小さネタ

久々に携帯から書くと、
やっぱり改行が難しい。


大変お堅い方から封書が届き、宛名書きも流石にきっちりしているのだけれど、切手があまりにも可愛らしかった。

母さん切手を貼っといてくれとか、切手をくれたまえとか、そんな感じだったのか。

それとも、今日はアンちゃんの気分(はあと)と、わざわざ貼って下さったのか。

不明ではあるけれど、何だか微笑んでしまった。

e0121654_13152828.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-03 18:32


ちょっと前に

「しかしなぁ」というニュースの話を書いたけれど、
またしてもしかしなぁ、いやおいおいてな話でこけた。

別に0123の引越社長が、
女子高生にお小遣いね!
と言って逮捕された話ではない。

いやそれもどうかと思いつつだけれど。

日本人が年末に必ず耳にする「ちゅーしんぐら」。
僕は「物語」としての大石さんが好きで、
昼行灯と呼ばれてみたいと思ったりするけれど、
実際のところは光量不足な夜行灯なので、如何ともしがたい。

で、あの事件のきっかけの「殿中でござる」
とにかくいろんな語弊を恐れず乱暴に言ってしまうと、
とんでもなく意地の悪い事だの、誇りを傷付けられる事だの、
そういうのがあったとしたって、トップたるものが刃傷沙汰で
部下やその家族を路頭に迷わすのはなぁと思う。

こんだけチビッ子レーベルだとしても、
「代表」って事でとてつもなく我慢する事が多々あるのに、
それが大名ならなおの事なぁと思う。

下や横から突き上げを食おうが、
決断しなければならない場面は沢山あって、
その時に感じる孤独感は、規模の大小とは関係がない。

そして下した決断とそれにまつわる発言は、
その後ずっとついて回るけれど、逃げる訳にはいかないし、
それが嫌なら始めから全部人任せにするべきだ。

話が劇的に逸れているけれど、
実は友愛な鳩の人の話だ。金持ちとはあんなものか?

ヲタに媚びたダミ声も、係長みたいな二代目七三分けも、
うちゅくしぃ国の腹痛も、みんな引っ括めて余りに無責任でお粗末。

が「有権者」と呼ばれる僕らが選んだ事になっているのだから、
今少し考えなければならないなとも思う。

そんな混乱に関わりなく、
愛をアピールする人は闊歩し、
今夜の月はとても綺麗で、
昔見た猫の姿は堂々としている。

しかし、どこに向かうのかなぁと思わない事もない。

e0121654_145792.jpg

e0121654_151151.jpg

e0121654_152864.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-03 01:05


今日こそ

小田急線で以前遭遇した、
本格派のロリな人の話を書こうと思ったけれど、
何だか湿度が上がりそうだからやっぱりやめた。

今日は凄く良いスペースを見せて頂いた。
昨年からご夫婦がやっているという場所。

限られたスペースを縦に使って、
非常に考えて使いやすく創ってある。

何より導線の作りが見事で驚き、
楽屋からステージに向かう階段などは、
「ヒア・マイソング」の1シーンを思い出した。

お芝居の人らしく、
バトンの数も多くて灯体の手入れも行き届いている。

知らなかったのが恥ずかしくなった。

しかし、いつも下見や打合せにいくと、
自分は恵まれた仕事をしているなぁと切に思う。

そしてコンニチハとオツカレサマは、
本当は一番大事なのだなぁとつくずく思う。

僕らは基本的に何かを広めようとする仕事をしている。
何かを広めようと思うなら、内向きではそりゃ広がらない。
悪い事に、内向きな時はそれに気が付かず、
外向きなものが乱暴に見えてしまって、
手段の為に目的を見失いそうになる。

内向的とか社交的とかいうのとはちょっと違う。
自分の代わりはどこにもいないのだと、
ホントに思うと答えが見えて来るのかも知れない。

見つかりにくい答えではあるけれど、
今日初めてお逢いしたコンニチハとオツカレサマは、
とても気持ちが良かったので、そこにヒントがある気がする。

などと今日はそんな事を考えて、
その後に、久々の味噌つけ麺を堪能したら、
やはり激烈に旨かったけんちゃんラーメン。

ふと思ったけれど、
僕は送り出すのが生業になって何年なのかと思う。
自分が板に上がる時は気配を消し、気配溢れる人を送り出す。
ビッグネームだろうが初ステージだろうが、
ここから先は異界であって、異界に向かう人は、
時々異人になるのを躊躇って振り向いたりもする。

けれど絶対に立ち止まらない。

実はその時に見る背中が大好きで、
袖にいて感じるビリビリした緊張感が堪らなく心地良い。
本番の前の試行錯誤も、本番中の取っ組み合いみたいな駆け引きも、
独りで舞台にいながら、内に向かおうとする自分を力で捩じ伏せて、
自分と自分で戦っていたりする姿も、
客席からは絶対に見えないものが、
特等席から見届けられる。

それでここまで続いているのかも知れない。

宇宙からの使者の辞任表明並みに迷走した文章であるけれど、
今日は少し自身の中でプロ意識を見つめ直す良い機会になって、
何だかダラダラ書いている。

e0121654_0404026.jpg

e0121654_041616.jpg

e0121654_0412473.jpg

e0121654_0414443.jpg

e0121654_0415815.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-03 00:43


気合い

の入ったメールをもらった。

何してますか?と送った返信に、
後ろ回し蹴り100本終了と書いてあった。

その後の電話で、もう少し詳しく聞いたら、
彼女の数時間は、恐らく僕の1週間分の運動量を、
軽く遥かに凌駕していて、聞いている途中で左足がつった。

カッコいいなと思い、
これじゃあダメだなぁとも思う。


気合いと言えば、
環七沿いの小さなたこ焼き屋さんには、
気合いの入った顔をしたお姉ちゃんがいて、
親の敵を討つみたいな凄い勢いでキャベツを刻み、
ヤキソバなんかも焼いている。

今日の昼飯はそこのオムヤキソバにした。

天気が良いなぁとぼけえとしたまま歩き
e0121654_2128428.jpg



店に近づいたら、何だか妙な小屋を見つけた。
e0121654_21291574.jpg



覗いてみたら洗濯機。看板も何もなし。
e0121654_21294956.jpg



全く知らなかったけれど、営業中のコインランドリーだった。
e0121654_21311133.jpg



メキシコからアメリカに密入国する連中が乗る、
窓無しコンテナを思わせるその店内。
真夏に行ったら熱中症になりそうなのだけれど、
お姉ちゃんに聞くと、それでもお客が来ているそうである。
こういうのは商魂と言うのか分からないけれど、
何だか感心した。

洗濯機と関係なく、新人君が焼いたオムヤキソバも旨く
e0121654_21331553.jpg



待ちぼうけで見た夕焼けは綺麗だった。
e0121654_21335098.jpg



旨い珈琲が飲みたいなぁと思う。
[PR]
# by ma-you-ge | 2010-06-01 21:34


しかしなぁ

というニュースを続けて読んだ。

「女子高生お手柄!」
と見出しが付いた記事では、
刃物を持って女子高生を脅した20歳の男の話。

動くなと言って身体を触ろうとしたけれど、
女子高生は柔道初段。
刃物を払い落として、男の胸ぐらを掴む。
そして諭す。

ここまではまぁ分かる。
が、しかしなぁである。

諭されて落ち着いた男は「じゃあドライブ行かない?」
女子高生は「今日はダメだけど、別な日なら良いよ」
で、「連絡取りたいから携帯教えて」と。
男はいそいそと携帯番号やアドレスを伝えたそうだ。
落ち着いた子だなぁと感心するけれど、
ドライブ誘うのも不明ならエヘヘと携帯を教える感覚も理解不能。

女子高生は勿論通報。
そして作戦決行。

で後日、女子高生から、
「ドライブ行こ(はあと)」という連絡をもらった男は、
イソイソとおめかしして出かけて行って、
女子高生が立ってる筈だった場所で、
待っていたお巡りさんに逮捕された。

しかしなぁと思う。

意外と長くなっちゃったから、端折って書くけれど、
もう一つは28歳の高校教師。

部屋に呼んだ生徒に猥褻行為とされる事をして、
やっぱり逮捕された。
その行為の事は、経緯も詳細も分からないから書けないけれど、
逮捕された後、取り調べでの自白を読んでやはり、

しかしなぁと思う。

彼は「妹が欲しかった」と、
そして「性欲が抑えられなかった」と。

なんていうのかこう、塩と砂糖を入れ間違ったお鍋を、
なんとかしろと渡されて、どこから手を付けたら良いか、
ただうむむと悩んでいるみたいな気分になった。

こういう事件でいつも思うのは、
捕まった奴はみんな所謂
「悪くない子」として育ったんだろうなという事。
「良い子」ってんでもなく、しかし「悪い子」でもなく。

欲望というのか何と言うのか、
そんなものは誰にもあって当たり前なんだけど、
何故か無い事にして、無理くり蓋をし続けてしまうと、
どっかでゆがみが出て来てしまう。

書いてて思い出した。
電車内で心底驚いた気味悪い奴の事は今度書こう。

とにかく、彼はそういう意味では正直なのかも知れないけれど、
なかなか苦労するタイプではあると思う。

長々失礼致しました。

e0121654_2382229.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-31 23:11


「遺失物

取扱所」

という看板を見た内田百閒(間)は、
同行のヒマラヤ山系氏に、
「なくしたものを扱うなんて無理ではないか」
と言い、いつもの事だとやや辟易した山系氏は黙ってしまう。

『第一阿房列車』の、確か静岡辺りの話ではなかったかと思う。

百間(本当は門構えの中は月)先生はなかなか理屈っぽく、
人は飯を食うから、食ったものがなくなる喪失感で腹が減る。
だからは僕は食わないとか言ってみたりしておいて、
駅の立ち食い蕎麦の湯気を見るとつい食ったりする。

まぁまたいずれ書くとして、
落とし物の話である。

家の猫でも他所の猫でも、
時々落とし物みたいな格好で寝ているけれど、
大概はそうではない。

顔写真が落ちていて、靴跡なんかが付いていると、
少し可哀想になったりする。

隅田川の水上バス乗り場では、
革靴が落ちていて落ち着かなくなった。

然るに「落とし物」とか「忘れ物」とかは、
何と言うか「らしい」ものが多い。

が、先日渋谷で見つけた「落とし物」だか「忘れ物」は、
あまりにもらしくなかった。

気が付きそうなものなのだけれど、
彼はご主人に気付かれずに置き去りにされ、
置き去りにした方も、後で困ったのではないかと思う。

その後はどうなったのかなぁと、
時々思う。

e0121654_22394911.jpg

e0121654_2240637.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-31 22:40


誰だって

みんな辛い事やら、甘えたい事やら、
色々とあると思うんだけど、
そんな時でもやはり平気な顔をしている。
上手くいかなくても平気な顔をしようとしている。

だけど、誰だって解放されてー
と思う事があるのは当然で、
愚痴のひとつも聞いてくれよと思うのも自然なのかも知れない。

ただ慣れが必要なんだと思う。

んが、こんちくしょーとも思う。

e0121654_22281631.jpg

e0121654_22283463.jpg

e0121654_22284894.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-31 22:29


万博

の話題があまり報道されなくなったなぁと思う。

昨日の打合せでは、
話があちらに飛びこちらに飛びしたけれど、
誰かが誰かを評価する話というのは、
自分に照らして考えるヒントが沢山あって、
とても為になった。

自分独自でしているつもりの事も、
少し離れてみて見れば、何かと似ている事がある。
ホントに心せねばと思う。

しかし全く関係ないけれど、
「ユニクロ」そっくりの「ユニプロ」に驚いた矢先、
「iPOD」そっくりの「iPED」が、
堂々と販売されているとの報道を見た。

随分昔のこち亀では、
恩田さんが創業した自動車メーカー、
「H・ONDA」ってのが出て来て、
その頃は笑っている余裕があった。

そしてもっと関係ないけれど、
実家の店の看板は「JEWELRY」でなく、
「JEMELRY」と書いてあって、指摘をされても
「看板屋さんが間違ったんだねぇ」と答えられた。

今夜は好きなCDだけを聴いて、
早めに寝ようかと思う。

e0121654_23392871.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-29 23:39


この前

朝方の写真を載せた時、
確か撮った筈だと思って探したらあった。

同じアングルで巨大な入道雲。
ビルと比べるとデカさが分かる。

今年は春も天候がおかしかったけれど、
夏の天気はどうなのかなぁと思う。

個人的には暑いのが嫌いではない。

e0121654_23262051.jpg

e0121654_23263435.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-29 23:26


若くて妊娠

したやつが、窓から入って来た。

見たところ相当若そうな母で、
部屋を見渡しながら少し歩き、
部屋の真ん中までくると、
勝手にゴロリと横になった。

こちらは驚いたままでいたら、
そいつは平気な顔で居眠りを始めた。

まさしく押し掛け女房で、しかもコブの予約付き。

それがこいつとのファーストコンタクトで、
その後、紆余曲折がありつつも、
気が付けば今年で10年のお付き合いだ。

ちなみに息子の方も母と同い年だと思われるので、
10年のお付き合いという事になる。

トカゲの尻尾やら蝉やらは勿論の事、
貧乏な飼い主を心配して、椎茸を持って来た時には、
思わず膝が笑った。

僕の失敗で薬の副作用を起こさせてしまい、
ゲーゲー吐いた後、それでも腹を減らした子猫軍団に、
フラフラしながら、お乳を飲みやすい姿勢を作って、
身体を舐めてやってるのを見た時はグッと来たし、

避妊の手術をした後、すっかり子供還りしていたくせに、
庭から親とはぐれた子猫の声が聞こえたら、
突然母猫の声を出して心配気に庭を見出した時は、
少しばかり驚いた。

色々と教わっている。

何故にこんな事を書いているかと言えば、
今日は珍しくというか久々に、
ハラワタが煮えくり返っている。

人の本質は咄嗟の行動や、何かに直面した時に、
ハッキリ現れる。リスクを負わない人間や、
自分がもたらした結果を受け入れずに逃げ出す人間の言葉は、
いくらかっこつけても軽い。

だから何だと言われても仕方が無いのだけれど、
そんな訳で猫好き中年はやや不機嫌なのである。

e0121654_2317017.jpg

e0121654_23172450.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-29 23:17


下ネタ

今やマクドナルドの「ドナルド」が、
引退を勧告されているのだという。

ガキの頃から、可愛いとも素敵とも全く思わずに、
どちらかといえば妙に怖かった「ドナルド」ではあるけれど、
何とかかんとか・アカウンタビリティー・インターナショナルという、
捕鯨船に体当たりしそうな名前の団体から、小児肥満の元凶!
みたいに言われて「引退勧告」を出されたと聞くと、
少し可哀想になる。

喫煙だけでなく、いろんなものがやりにくい渡世だ。

で、今時もう一つやりにくいのは、
下ネタであって、我々がガキの頃におっさん達が言ってたような、
あんな事やらこんな事やらを言ったら、
連立離脱どころの騒ぎではない顔で、
ペッペと唾をかけられそうだ。

向かいのおじさんが酔うと必ず歌い出した
「一人娘とホニャラララー」などという、
小学生の僕が聴いているだけでも大変勉強になった歌は、
唄った瞬間に機動隊が出動するかも知れない。

夜中に何だか思い立って部屋の写真を撮ったら、
何故だかそんな事を考えた。

なので、今回は大変にひねくれた下ネタをご用意した。
良く分からないという良い子のみんなは、
早く寝て頂きたいのである。

そして鼻で笑った大人の方々は、
早く僕を正しい所に導いて頂きたいとも思う。


e0121654_01656.jpg

e0121654_012750.jpg

e0121654_014129.jpg

e0121654_021339.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-28 00:02


ここ数日は

とにかく昼も夜もなく、締切りギリギリのものを、
同時進行で幾つかやっていたので、
何と言うか身も心も正直疲れた。

あとは原稿一つだけのところで、
今まさに油断しているから、
これは大変危険であって、
だからこそ今夜は忘れたフリをしようと思う。

とにかく大ピークを越えた一昨日の晩の渋谷は、
本当に楽しくやり甲斐あって、疲れを忘れた。

あの子が唄うとホントに人が寄る。
仕事になる出逢いもあった。

疲れた顔がいつの間にかいなくなって、
唄い出すと笑顔になる。

大きな声というのは大切な事だ。
そして良い声と言葉が組み合わさると、
とても強いのだと今更ながらに改めて思う。

あの方あの方のお二人には心から感謝している。
暫く忙しいけれど、少しだけでも休んで頂きたい。


仕事場で夜通しカタカタ音を立て、
夜が明けたなぁと思う頃、
都心の方は意外と奇麗な色をしている。

暫くして見ると、もうモヤというかガスというか、
薄い膜みたいなのがビルを覆い始める。

普段は思いもよらないけれど、
その膜の下で大勢働いてんだなぁとか思って、
しかし自分の其の中の一人だなぁとも思う。

渋谷でも新宿でも、夜が賑やかなのは、
みんなお疲れだからなのねと思った。
明日膜の下に入るまで、短時間でも良いから、
酒でも飯でもラブホでも、賑やかして楽しむのは、
悪いこっちゃねーなーとか、地方出身者は今日も思う。

何しろ渋谷はネズミも賑やかであった。

三味線の兄ちゃんを見たのも、
そう言えば締切りに追われた頃で、
あんなに寒かったのに、一昨日は暑かった。

で、楽しむと言えば、彼は仕事を大変楽しんでいる様に見え、
それをずっと追うカメラマンも、仕事を楽しんでいる様に思える。
楽しくなりたい人は、リンクに行ってみて下さい。

e0121654_23371944.jpg

e0121654_23374590.jpg

e0121654_2338539.jpg

e0121654_23382539.jpg

e0121654_23384551.jpg

[PR]
# by ma-you-ge | 2010-05-27 23:38

    

はみ出した話を誠に不定期に更新しております。2005年から2007年半ばまでのはhttp://maemayuge.exblog.jp/に移しました!
by ma-you-ge
カテゴリ
全体
人とか
変なのとか
食い物とか
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧