名称未設定(仮)


<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧



音楽と舞台と心身と伸身

手前味噌な話ではあるけれど、
しかも最後に硬くて明るくないけれど、
今年を振り返るにあたり、
部屋が広くなった事。腹を切った事。
それにはどうしても触れない訳にはいかない。

お忙しい中、様々な形で見舞って頂いた皆様。
ヨレヨレですみませんでした。

皆様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

とんでもなくダウナー風味の時、
麻酔が切れて身体をツイストパンみたいにしている時、
とにかく今年は、唄に救われ、音楽に助けられ、
沢山の皆さんからの言葉に暖めて頂いて、
これ以上無い程にお力をお借りしました。

そしてお陰様で少しだけ、
他に元気をパスできはじめた気が致します。

時間はかかっても、
少しづつお返ししていかねばならないとつくずく思いつつ、
踏ん張ってまずは山を動かします。

皆様、本年は大変お世話になりました。
来年も何卒よろしくお願い致します。

良いお年を!

e0121654_732558.jpg

e0121654_734727.jpg

e0121654_74690.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 05:09


「烏賊の

御寿司は防犯のお約束だよ」

矛盾はないんだけど、
杉並母の会はピーポくんと共に終わりの始まりを迎えたのかと、
漢字で書くと誠に抜き差しならない、有る意味ハッピーな類の組織なのか、
どうなるのだ母の会は子供達はと、誰も思いはしないし、
どうにもならないのだけれど、大喜利失敗的な切ない文面ではある。

矛盾と言えば、
コールドドリンクにしては飲みずらそうなものを見つけた。

更に矛盾と言えば、
入院中に出された献立表には、
バームクーヘンと歌舞伎揚げくらい違うものが併記されていて、
病人なりに少し考えた。

ちなみに美味しく頂いて、
分かりやすく腹痛を起こした。
大人になろうと少しだけ思わない事もなかった。

e0121654_4504057.jpg

e0121654_450523.jpg

e0121654_4511633.jpg

e0121654_4513072.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 04:52


タイミング

というのもナニだけれど、

コムちゃんと青山で打ち合わせた後、
メシ屋がことごとく閉まっていて少々困った。

少し歩いてようやっと食事にありつき、
表参道まで辿り着いたらまだイルミネーションで、
忘れていた分だけ得した気分だった。

ぼけえと見ていると、
地元に住んでそうなじいさんが、
もっと綺麗なのはあっちだと、
車に向かって一人ごちながらタバコを吸う姿。
何だかとても味があった。

と、数分で消灯。
やはり得した気分になるもんだなぁと改めて思う。


少し前、渋谷の街角に三味線の音が響いていた。
どこから聴こえるのだろうと探したら、
路上で三味線を弾いているお兄ちゃんがいた。

スケボーを横に置き、
コイン受けの皿を置き、
泰然と弾いている姿がかっこよかった。

BOXXのライブにお邪魔して、
あまりに良いステージで感動し、
楽屋に行くと泣いてしまいそうだったので無しにして、
急いで帰ったら三味線の兄ちゃんに逢えた。

タイミングって面白いなぁと思う。

で、仕事場に戻る途中で豆腐を断られ、
家に帰ったら、猫も足が冷たいようだった。

これはあまりタイミングに関わりない様だった。

e0121654_727585.jpg

e0121654_16384629.jpg

e0121654_163931100.jpg

e0121654_16403298.jpg


e0121654_7282259.jpg

e0121654_7284690.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 04:40


昨日も

一昨日もそうなんだけれど、
何だかんだグズグズしている内に、
帰りが遅くなって2時だ3時だという事がある。

仕事場を出る頃にはもうとっくに電車はなく、
家には1時間も歩けば辿り着くから、
歩いて帰ることも多い。

昨夜は月と雲が綺麗だったので、
空ばかり見て歩いた。

が、流石に身体が冷えたし、上を見すぎて首も痛いので、
長風呂をしてから、6時過ぎに床に入った。
昨夜のお供は効き湯。

で、話が飛ぶのだけれど、エッチ系というか夜系というか、
その類の強壮剤などなどのネーミングやコピーには、とにかく乙なモノが多い。

やはり男性用の「トノス」と女性用の「ヒメノス」が筆頭としても、
「男と女の桶狭間!」というコピーには、深夜の西友で声を立てて笑った。
不思議と聞いたことのない製薬会社が作っていて、
インディーはここでも強しといつも思う。

桶狭間と言えば、
まさか子孫がスケートやるとは思いもよらなかったであろう、織田信長。

革新的でも冷酷無比というか、
そんなイメージが強い彼であるけれど、
こんな一面も持っていたなんて、僕はまったく知らなかった。

これまたインディー作品で、しかもよく考えると、
いつ語っているのか今イチ不明だけど、一生懸命考えたのだろうなぁ。
だからご紹介したい訳である。

シリーズと書かれているけれど、他はどんなコピーなのか、
気にならない事もない。

e0121654_4245363.jpg
e0121654_425559.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 04:28


だいぶ

前に書いた事がある近所の市場風の場所は、
解体された後には何も建たずに、未だ駐車場のままだけれど、
その近くの正真正銘の市場は今も元気で、
昼間は人がギュウギュウ詰めになっている。

僕は終電で帰る事が多いので、
さすがに人の気配はないけれど、
代わりに猫をよく見かける。

うちの猫もそうだけれど、
飼い猫が突然中空をじっと見つめていて、
時々気味が悪くなると話す飼い主が多い。
早い話がおばけ系の心配な訳で、
肩の辺りを黙ったままじーっと見られたりすると、
流石に僕もおっかなくなるけれど、
実はその肩越しに小さい虫を見ていたり、
外の音を聴いていたりする。

毎度それが分かるとホッとして、
猫の狩り能力というか敏感さに感心したりする。

で、こいつは良く会う奴で、いつもはすばしこく動き回って、
猫的な安全距離からこちらを窺う用心深いタチなのに、
その日は全く動かず、随分近づいてもじっとしていた。

排水溝に彼(彼女?)の本能を刺激する、
恐らくお化け系よりおっかない者がいるんだろうなぁと思い、
それ以上は良く見なかった。

ただ、猫型の湯たんぽみたいな格好で、
ずっとじっとしている姿は面白かった。

e0121654_3592918.jpg

e0121654_3595381.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 04:00


井の頭線

を甲州街道で見かけると、
やっぱり少し驚いた。

電車一両には何人乗れるのか知らないけど、
道路で見たらやっぱりでかい。



e0121654_3374554.jpg

e0121654_3375950.jpg

e0121654_3382881.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 03:38


確か数年前に、場所は

静岡だったと思うのだけれど、
やる気満々なお兄ちゃんが繁華街の歩行者天国を、
動物の着ぐるみを着て愛くるしい仕草で歩き、
ついて来た女子高生二人を部屋に連れ込んだとかで、
児童何とか法違反の罪に問われたニュースがあった。

何というかこう、必死で考えて実行したお兄ちゃんと、
くっついていっちゃう子達を想像するに、
憐憫の情すら覚えたので良く覚えている。

反対に、着ぐるみの中に、
返り血を浴びた怖い奴が入っているのだと想像してしまうから、
子供の頃から着ぐるみ恐怖症だという女性を知っている。

全く関係ないけど、
僕は子供の頃にパンダの目は殺し屋の目だと思い、
以来少しパンダが怖い。

とにかく、着ぐるみの中にいるのどんな人か分からないけれど、
性格が漏れてしまった瞬間に出くわした。

とにかく人が居ない事を危惧したものの、
どちらに向かうか迷ってしまった。
で、キチンと踏切を待つ分別もある。

若林駅で着ぐるみという時点で企画のミスを感じるけれど、
良い人が入っているといいなぁと思った。


e0121654_311245.jpg

e0121654_3112129.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 03:11


「時節柄

鯉のぼりである」

とか書いた次の話が、
年末の挨拶なのはどうかと思う。

徒然もナニもないけれど、
思いつくままに日暮らし、
心に移りゆく何とかをそこはかとなく、
なので、写真の力を大いに借りる訳だけれど、
そこは僕が底が浅いのであるから致し方ない。

で、突然だけれど西原理恵子さんといえば、
ここに来てやっと時代が追い付いた感がある。
「毎日かあさん」からこっち、地表に出てきた。

何でそんな事を書くかと言えば、井の頭線の明大前駅ホームで、
あんこが足んなそうなOLが文庫版の「ぼくんち」を読んでいて、
しかも連れの女に「こういうの分からなきゃ駄目よ」とか何とか。
正直驚いたからなのであります。

薄めていくのが必要な存在になったにしても、
アニメ化の西原役が森旅館の娘で、
映画化の西原役が永作さんというのは如何なものかと思いつつ、
これも時勢なのだと、本人が一番感じて分かっていそうだなとも思う。

そんな訳で、「脱税できるかな」とか「恨みシュラン」的な
ものは暫く読めなそうかなぁと思っていたら、
「人生画力対決」を渋く決めてみたり、
自分で自分の著作権保護しつつ、自分で自分の著作権を侵害する
話が出て来たりして、やはり大したものだなぁと思う。

フリとしては長すぎるのだけれど、
侵害かどうかはおいておきたい写真達であって、
カールだよなぁこれ。確かに歯につまるよなぁと議論したい訳で、
ブラピにしても、何故味噌ラーメンなんだろうと、
そして良く見ると「人気」ではなく「入気」なのは何故か葛藤したい訳で、

最終的に君は誰なんだと思うのである。

そして日本もまだまだしぶといなぁと唸って頂きたい。

e0121654_248889.jpg

e0121654_2482488.jpg

e0121654_2484251.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2009-12-31 01:54

    

はみ出した話を誠に不定期に更新しております。2005年から2007年半ばまでのはhttp://maemayuge.exblog.jp/に移しました!
by ma-you-ge
カテゴリ
全体
人とか
変なのとか
食い物とか
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧