名称未設定(仮)


猫の写真で

携帯のデータボックスが一杯なのに気付き、
それも如何なものかと思っている。

日付変わって本日、一年前の丁度今日、
手術を受けた。

今思い出したけれど、前日はよく眠れと言われたのに、
隣室の爺さんの鼾があまりに激烈で、ほとんど眠れなかった。
御陰さまで手術本番では、麻酔が効きすぎるほど効いて副作用まで出た。

入院中は猫の面倒をちゃぎおんにお願いして、
一方ならぬお世話になった。

夜に届く猫の写真を見て、
あぁ撫でたい撫でたいと思っていた。
そのデータまで残しているからいけないのかも知れない。

データと言えば、ちゃんなつが送ってくれた動画も残っている。
自宅で撮った愛犬アブの様子が余りに可愛くて何度も観た。

夜中にまた観たくなって病棟を抜け出して、ニヤニヤ観ていたら警報が鳴り、
警備員三名と婦長さんがやって来て、こてんぱんに叱られた。
その思い出込みで残っている。

夜中でこてんぱんと言えば、MANDALAの皆さんがお見舞いに来てくれて、
何故か廊下で身体測定をして帰った後、光を漏らしちゃいけないと布団を被り、
ヘッドフォンをつけて、差し入れのDVD「滑らない話」を観ていた時の事。

笑いをこらえてヒクヒクしているのが、術後の痙攣に見えたらしくて、
「大変です」と見回りの若い看護士さんが主任さんを呼び、医者を呼び。

皆で駆け付け「しっかりして下さい」と布団をめくったら、
笑い泣きしている僕がいた。
またしても叱られた。

他にも色々しでかしたので、
今思えば問題のある患者だったんだろうなぁと思う。

御陰さまで今や食欲をどう抑えるかが課題の僕で、
それは本当に幸せな悩みだ。

コーヒーカップも、吹き込んで頂いた曲も、沢山のDVDも、
本も、手作りのお守りも、お手紙も、大切にしております。

あの時にお力添え頂いた皆様に、
改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

猫写真の話から逸れてしまったけれど、
いまから軌道は戻らないので、
今日はそろそろ猫と遊びに帰ろうと思う。

e0121654_235538.jpg

e0121654_235830.jpg

e0121654_2351182.jpg

e0121654_2351480.jpg

[PR]
by ma-you-ge | 2010-10-06 02:40

<< めんこい      携帯で >>

はみ出した話を誠に不定期に更新しております。2005年から2007年半ばまでのはhttp://maemayuge.exblog.jp/に移しました!
by ma-you-ge
カテゴリ
全体
人とか
変なのとか
食い物とか
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧